ミーリング加工とは?主な種類について紹介

ミーリング加工

ミーリング加工は、除去加工法の1つである切削加工であり、機械加工の中でも代表的な加工方法です。しかし、ミーリング加工の中にも、工具や加工方法には様々な種類があります。そのため、加工したい材質や形状にあわせて、最適なミーリング加工を選定する必要があります。

ここでは、ミーリング加工の特徴や工具、加工方法、当社のミーリング加工の事例についてまとめて紹介します。

ミーリング加工とは

ミーリング加工は、除去加工法の1つである切削加工であり、機械加工の中でも代表的な加工方法です。ミーリング加工では、切削工具を高速で回転させて、置き台もしくは回転軸に固定した工作物を削っていきます。

角もの・箱もの・板金・丸もの、といったように様々な形状の工作物を加工することができるのが、ミーリング加工の大きな特徴です。その他の特徴としては、仕上がりが綺麗であることや不良品が少なめであることもあげられます。そのためミーリング加工は、特に寸法精度が必要な精密部品加工で用いられます。

 

ミーリング加工の工具

続いて、ミーリング加工で使用される工具をご紹介いたします。

 

正面フライス

正面フライスは、別名フェイスミルとも呼ばれる、特に高精度な平面加工を行うための工具です。広い面の平面切削をする際に使用され、円周上に配置された複数枚のチップによって切削加工されます。正面フライスでは、チップの挿入角である「アキシャルレーキ」「ラジアルレーキ」、チップ同士の間隔である「チップポケット」などが重要な要素としてあげられ、工作物の材質や要求精度にあわせて、最適な正面フライスを選択する必要があります。

また、正面フライスの中には円筒部分と刃先部分が別々のものもあり、刃先を交換するだけで元の切れ味を取り戻せることができます。

 

平フライス

平フライスは、横型のフライス盤で主に使用される工具です。正面フライスは立型フライス盤で主に使用され、工具回転軸はワーク平面に垂直です。一方、平フライスでは工具回転軸はワーク平面と平行です。

平フライスでは、全体がギア形状のようになっており、刃は外周部についています。平フライスでも平面の切削に使用することが多いですが、正面フライスと比較すると効率が悪く、また加工後の表面が粗いことが欠点として挙げられます。

 

エンドミル

エンドミルは、外周や側面に刃がついた円柱型の工具です。一見するとエンドミルはドリルと似ていますが、ドリルが先端の刃で穴を開けるのに活用されるのに対して、エンドミルは細かい平面切削や外周切削、溝切削など様々な加工に活用されます。また、エンドミルの中には刃の枚数が6枚以上のも工具もあるため、用途や工作物によって使い分けをする必要があります。

ただし、エンドミルの欠点としては、削れる面積が少なく、加工時間が長くなる点があげられます。また、ミル自体が長すぎるとたわみや折れの原因になることもあります。

 

上記以外にも、ミーリング加工に使用される工具の中には、側フライス・溝フライス・メタルソー・スリワリフライスなどもあります。

 

ミーリング加工の加工方法

ミーリング加工には、平面加工や側面加工、溝加工などの種類があります。平面加工では、正面フライスを用いて、ワーク面がテーブルと並行な面になるように切削加工します。また、側面加工では材料の側面を加工し、溝加工では材料に溝を掘ります。

 

ミーリング加工の加工実績

続いて、当社が実際に加工したミーリング加工による加工実績をご紹介いたします。

加工事例:製品駒
製品駒

こちらは、SKD11製の製品駒です。 加工方法としては、ワイヤーカット、放電加工、マシニングセンタといった複合加工を行っています。

加工事例:製品部入子①
製品部入子①

こちらは、STAVAX製の製品部入子です。 加工方法としては、ワイヤーカット、放電加工、マシニングセンタといった複合加工を行っています。

>>加工実績の詳細はこちら

加工事例:ヒートシンク
ヒートシンク

こちらは、アルミニウム製のヒートシンクです。旋盤加工とミーリング加工によって加工をいたしました。

加工事例:製品部丸駒①
精密機械用製品駒

こちらは、ステンレス製の製品駒です。サイズは先端部が2φ、高さが90で、旋盤加工並びにマシニング加工によって製作致しました。こちらの製品駒の用途は、精密機械部品として使用されています。

>>加工実績の詳細はこちら

ミーリング加工なら、精密部品加工センターにお任せ!

精密部品加工センター.comを運営する株式会社長津製作所では、精密部品を中心とした様々な部品加工を多くの業界に向けて行っております。ワイヤー放電加工機から型彫放電加工機、研削加工機、マシニングセンタなど、多岐にわたる工作機械を保有しているため、あらゆる精密部品加工に対応しております。 また、ホログラム光学素子用金型などの超精密金型の設計・製作実績も多数ございます。 さらに当社では、当社工場にとどまらず、大田区や燕三条など、国内でも有数の加工集積地に幅広い加工ネットワークを築いております。これらの加工ネットワークを駆使することで、どこの会社ならできるかわからないような部品加工にも対応いたします。

「この部品はどこの会社ならできるのかな...?」「加工するのが難しい材料なんだけど、どこにもお願いできなくて困っている...。」「とにかく高精度に加工してほしい!」こうしたお悩みに、精密部品加工センター.comはお応えいたします。精密部品の設計・加工にお困りの方は、まずはお気軽に当社までご連絡ください。

 

>>加工実績一覧はこちら

>>当社自慢の設備情報はこちら

 

お問い合わせはこちら

Copyright© 精密部品加工センター.com|精密加⼯から特注治⼯具製作までフルサポート , 2021 All Rights Reserved.