技術コラム

マシニング加工

マシニング加工で使用する治具に必要な役割とは?

治具を使用することで、後加工がなくなることや品質にバラつきが出ないことが挙げられます。マシニング加工で高い加工精度を安定させるためには、工作物の形状によって治具の種類が主に2種類に分類されています。今 ...

5軸マシニングセンタ V56i

マシニング加工とフライス加工の違いとは?

よく混同されるマシニング加工とフライス加工においての違いはご存知でしょうか。フライス加工は切削加工の分類の一つであり、被工作物をテーブルに固定し刃物を回転させることで削る加工方法でございます。また、マ ...

マシニング加工で冶具を製作する際のポイント

今回の技術コラムでは、マシニング加工で治具を製作する際のポイントについてご説明を致します。基礎知識として、治具の役割や形状、種類についてもまとめてご紹介をさせて頂いております。気になる方は是非ご一読く ...

マシニングセンタでタップ加工をするためのポイント

今回のコラム記事では、マシニングセンタでタップ加工をするためのポイントについてタップの選定・ワークの固定・クーラントの視点からご説明を致します。その他にもタップ加工とは?タップ加工の手順といった基礎的 ...

マシニング加工

マシニング加工における材質別の加工ポイント

マシニング加工では様々な要素が精密部品加工の上で作用してきます。主に工作機械(マシニングセンタ)、工具、ホルダ、クーラントによって、加工条件や精度などが大きく変化します。その中でも、特にワークの材質は ...

超鋼のマシニング加工におけるポイント

超硬とは、炭化タングステンや炭化チタン等の硬質な金属炭化物粉末とコバルトやニッケル等の鉄系金属粉末で焼結して作られる人口合金で、ダイヤモンドに次ぐ硬度を誇ります。しかし、硬度が高い反面靭性が劣るため、 ...

ヒートシンク

アルミ合金のマシニング加工におけるポイント

アルミ合金とは、アルミニウムを主成分とする合金のことです。アルミ合金は比較的やわらかい材質であるため、マシニング加工においては切りくずが工具に付着し構成刃先という現状が発生してしまいます。構成刃先は、 ...

5軸マシニングセンタ V56i

銅のマシニング加工におけるポイント

銅は、金属の中でも熱伝導性・電導性・加工性・展延性に優れているため、情報通信や精密機器などの先端産業の部品として多用されています。 さらに、柔らかい性質を持つため、切削効率がいい素材です。そこで、今回 ...

フランジ

ステンレス(SUS)のマシニング加工におけるポイント

ステンレスとは、鉄を主成分とし、クロムを10.5%以上含有した合金です。ステンレスの特徴は、「強度が高い」「耐食性に優れている」「耐熱性に優れている」の3点です。その反面、特性として、熱伝導率が低い性 ...

マシニング加工におけるクーラント選定のポイント

クーラントとは、別名切削油とも呼ばれております。クーラントの使用目的としては、工作機械で加工を行う際に潤滑性を高めること、切りくずを排出(排除)すること、工具と被削材との間に生じる摩擦熱を冷却すること ...

Copyright© 精密部品加工センター.com|精密加⼯から特注治⼯具製作までトータルサポート , 2021 All Rights Reserved.