技術コラム

製品部入子④

ワイヤーカットでテーパー加工する時のポイント

ワイヤーカットでは、直線や曲線といった平面加工だけでなく、工作物に角度をつけて加工するテーパー加工も可能です。そのためワイヤーカットでは、難削材の高精度複雑形状を実現することができますが、ワイヤーカッ ...

精密部品加工が盛んな地域はどこか、新潟県燕三条・東京都大田区・海外調達について解説

日本には、高精度な金属加工技術を有する、精密部品加工が盛んな地域が全国に複数存在します。金属加工のメッカである新潟県燕三条や精密部品加工で有名な東京都大田区以外にも、様々な集積地帯があります。また近年 ...

ベベルギア

精密部品加工で扱われる加工は何か?

精密部品加工で扱われる加工には様々な加工方法がありますが、主に以下の加工方法が挙げられます。 ・ミーリング加工 ・旋盤加工 ・キー溝加工 ・放電加工 ・ワイヤーカット加工 今回の記事では、精密部品加工 ...

フランジ

精密部品加工で重要なJIS精級とは?

精密部品加工とは「5/1000 mm(数ミクロン)レベルでの加工要求に応えることができる加工」とお伝えしました。 これは実情としては「部品として精度が必要な箇所は客先より公差指定、その他の部分はJIS ...

製品部入子②

ワイヤーカットにおけるワイヤー線の太さの違いについて

ワイヤーカットでは、真鍮などのワイヤー線に電流を流して加工物を溶融させながら、金属を切断加工します。ワイヤーカット加工は、ワイヤー線の太さがφ0.05~0.3mmであり、ミクロンレベルという高精度加工 ...

製品駒

アルミ系材料をワイヤーカット加工する際のポイント

ワイヤーカット加工では、理論上では導電性がある材料であればどんな金属材料でも加工可能というのが大きな特長です。そのため、一般的な鋼板、ステンレス、銅、アルミなどの材料から、超硬、インコネル、さらには多 ...

精密部品加工とは何か?精度、加工範囲、地域性、海外調達について紹介

精密部品加工とは、「5/1000 mm(数ミクロン)レベルでの加工要求に応えることができる加工」のことを意味します。今回の記事では、精密部品加工とは何か?精密部品の精度や加工範囲、地域性、海外調達など ...

製品部入子④

ワイヤーカットにおける加工液の影響とは?水と油の違いについて

ワイヤーカットでは、主に水と油の2種類の加工液が存在します。現在では水が加工液として使用されることが多くなっていますが、この2つの加工液の違いについてきちんと理解されていますでしょうか? ここでは、ワ ...

金型部品⑤

ワイヤーカットによる高精度加工をするための8つのポイントとは?

ワイヤーカットは、ワイヤー線の太さがφ0.05~0.3mmということもあり、ミクロンレベルという高精度加工が可能な非接触加工方法として知られています。しかし、さらに精度よくワイヤーカット加工をする際に ...

製品部入子①

ワイヤーカットのメリット・デメリットについて

ワイヤーカットは、部品加工には多用される加工方法ですが、どのように他の加工方法と使い分ければいいのかは、実は判断が難しい場合もあります。 ここでは、ワイヤーカットと他の加工方法を比較した上での、メリッ ...

Copyright© 精密部品加工センター.com , 2020 All Rights Reserved.