金型部品加工における4つのポイント

製品部キャビ駒

私たちの日々の生活の中で使用する製品の多くは、金型によって製作されています。そのため金型は製品の生みの親と呼ばれることもあります。金型から作られる製品の品質には、金型部品の精度が大きく関係してきます。

この金型部品を加工する上では、大きく4つのポイントがあります。特に複雑な形状をしている金型部品については、多工程の取り回しを含めた工程設計力が重要になります。

今回の記事では、精密部品加工センター.comを運営する株式会社長津製作所が、金型部品加工において重要な4つのポイントについて詳しく解説いたします。

金型とは何か?

金型とは、被加工材を塑性変形、および流動性を利用した成形をするための金属・樹脂製の型のことを言います。一口に金型と言ってもその種類は豊富に存在し、それぞれプレス用・鍛造用・鋳造用・ダイカスト用・プラスチック用・ガラス用・ゴム用・粉末治金用等があります。

金型は被加工材を成形するための部品、機械へ取り付けるための部品・位置決めをするための部品・雄と雌の型を位置設定をするための部品など様々な部品から成っています。いずれかの機能が欠けてしまっても加工することができません。

 

 

金型部品の精密加工が必要な理由

金型部品は、一般的な機械部品と違い一品ものであることが多いです。これは、金型そのものが製品の品質・性能に直結するという性質によります。

>>金型部品と一般部品の違いとは?

 

私たちの日々の生活の中で使用する製品の多くは、金型によって製作されています。そのため金型は製品の生みの親と呼ばれることもあります。金型から作られる製品の品質には、金型部品の精度が大きく関係してきます。特に電子機器・医療系・自動車・航空機といった業界の金型部品製造は通常よりも高い精度が求められます。

金型は大量生産をするために欠かすことができない加工方法ですが、加工品の精度がひとつひとつ異なっていては、使い物になりません。精巧かつ緻密な加工を行うためには、精密な金型部品を使う必要があります。

>>金型部品に精密加工が必要な理由とは?

 

 

金型部品加工における4つのポイント

金型部品加工におけるポイントは、大きく4つにまとめられます。

 

  • 精度
  • 材質
  • 工程
  • コスト

 

精度

上記の通り、金型から作られる製品の品質は、金型自体の精度が大きく影響します。そのため、金型を構成する金型部品それぞれも高精度で製作される必要があります。

 

材質

金型に使われる材料は、一般的には難削材と呼ばれる材料が多くなります。そのため、材質特性を把握した精密加工を行う必要があります。

>>SUS420J2の切削加工におけるポイントとは?

>>SKD11の切削加工におけるポイントとは?

>>DH2Fの切削加工におけるポイントとは?

 

工程

金型自体が複雑な構造になるため、組み合わせを考慮した金型部品も複雑な形状になります。そこで重要になるのは、多工程を取りまわす工程設計です。

当社では、旋盤加工、マシニング加工、研削加工、ワイヤーカット、型彫放電加工など、様々な加工機を保有しており、社内取り回しの上で最適な加工方法の選択をして、お客様にご提案しております。

>>複合加工とは?メリットや当社で対応可能な加工方法について

 

コスト

金型は量産部品の製造をするために使用されます。数千、数万、時には数千万個以上も作るために使われる金型は、精度だけでなく耐久性も非常に重要になります。そのため金型部品は、同サイズの一般部品と比較して非常に高価であり、中には一つ数十万円という価格のものまであります。

当社では精度や機能面とお客様の予算を突き合わせた上で、最適な加工方法のご提案をいたします。

 

 

金型部品の精密加工事例をご紹介

ここでは、実際に当社が製作した金型部品の精密加工事例の、ほんの一部をご紹介いたします。当社は射出成形金型の設計・製造・成形を行っている金型メーカーです。金型部品については様々な実績がございますので、サイトに載っていない事例について興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

 

金型部品の精密加工事例:金型部品①

こちらは光学機器の業界で使用される金型部品です。マシニングセンタによって製作致しました。

>>加工実績の詳細はこちら

 

金型部品の精密加工事例:金型部品②

こちらの製品は金型業界で使用される金型部品です。マシニングセンタによって製作致します。

>>加工実績の詳細はこちら

 

金型部品の精密加工事例:金型部品③

こちらの製品は、S50Cの材質を利用して製作した金型部品です。フライス加工によって製作致しました。

>>加工実績の詳細はこちら

 

金型部品の精密加工なら、精密部品加工センターにお任せ!

精密部品加工センター.comを運営する株式会社長津製作所では、精密部品を中心とした様々な部品加工を多くの業界に向けて行っております。

ワイヤー放電加工機から型彫放電加工機、研削加工機、マシニングセンタなど、多岐にわたる工作機械を保有しているため、あらゆる精密部品加工に対応しております。

今回紹介させていただいた、「金型部品」に関しても上記の工作機械を駆使し精密加工で対応させていただきます。

当社では、当社工場にとどまらず、大田区や燕三条など、国内でも有数の加工集積地に幅広い加工ネットワークを築いております。これらの加工ネットワークを駆使することで、どこの会社ならできるかわからないような部品加工にも対応いたします。

「この部品はどこの会社ならできるのかな...?」「加工するのが難しい材料なんだけど、どこにもお願いできなくて困っている...。」「とにかく高精度に加工してほしい!」こうしたお悩みに、精密部品加工センター.comはお応えいたします。精密部品の設計・加工にお困りの方は、まずはお気軽に当社までご連絡ください。

 

>>加工実績一覧はこちら

>>当社自慢の設備情報はこちら

お問い合わせはこちら

Copyright© 精密部品加工センター.com|精密加⼯から特注治⼯具製作までフルサポート , 2022 All Rights Reserved.