ワイヤーカット加工を用いた複合加工の特徴とは?

製品部スライド駒①

ワイヤーカット加工とは?

ワイヤーカット加工とは、正式にはワイヤー放電加工と言われる放電加工の一種で、真鍮などのワイヤー線に電流を流して加工物を溶融させながら切断する加工方法です。ワイヤー線には、主に真鍮製のワイヤー線が使用されますが、タングステンやモリブデン製の電極線もございます。また、ワイヤーカット加工をするための工作機械を、ワイヤー放電加工機と言います。

ワイヤーカット加工は一般的には馴染みの少ない加工方法ではありますが、様々な製品の金型部品、家電製品、輸送機部品など、日常生活の中でも使われている製品を製造するために使用されている加工方法でもあります。

また、ワイヤーカット加工の特徴としては、①導電性のある材料であれば加工可能、②高精度加工が可能、③テーパー加工も可能、などが挙げられます。

①導電性のある材料であれば加工可能

ワイヤーカット加工では加工時に局所的に発生する6000~7000度もの高温によって加工するため、一般的な鋼板やステンレス、銅、アルミなどの材料から、超硬、インコネル、ハステロイ、さらには多結晶ダイヤモンドまで、様々な材料の加工に使用されています。

②高精度加工が可能

ワイヤー電極線と工作物が非接触のまま加工されますが、ワイヤー線の太さがφ0.05~0.3mmということもあり、ミクロンレベルという高精度加工が可能でございます

③テーパー加工も可能

単なる直線的な切断のみでなく、円弧のような曲線形状から複雑平面形状の加工も可能であり、上下のワイヤーを別々に動かすことで、テーパー形状の加工をすることも可能です。

>>ワイヤーカットとは?原理・仕組みから特徴まで、まとめて解説!

>>ワイヤーカットのメリット・デメリットについて

 

複合加工とは?

精密部品加工センター.comを運営する株式会社長津製作所における複合加工とは、1つのワークに対して、多工程の加工を施す加工方法のことを表しております。ところが、一般的には旋盤加工にミーリング加工を施す加工方法を表す場合が多いです。当社では、様々な設備を保有しているため、放電加工、マシニング加工、研削加工、旋盤加工などの加工や研磨、表面処理などを含めた複合加工を実現することができます。
多工程の加工を必要とする加工品であれば、複数の企業を経由して完成に至る場合が多く、この場合であれば工程間に時間や輸送コストがかかってしまいます。複合加工で製品を製作することで工程間の時間や輸送コストを削減することができ、お客様に対して多大なメリットをご提供することができます。

>>複合加工とは?メリットや当社で対応可能な加工方法について

 

ワイヤーカット加工を用いた複合加工

当社では、ワイヤーカット加工と他の加工方法を組み合わせた複合加工を可能とする加工設備を保有し、さらに複合加工を実現する加工ノウハウがございますので、お客様に高精度の加工品をご提供しております。

①ワイヤーカット加工と旋盤加工を組み合わせた複合加工

ワイヤーカットと旋盤加工を組み合わせた複合加工の実績としては、円筒部品の側面に四角い穴をあけた内スライドが挙げられます。その他にも、焼入れを行った材料に対して旋盤加工を行うことで内径の穴をワイヤーカット加工で仕上げるような加工をする際にこの組み合わせで加工をすることがあります。ワイヤーカット加工と旋盤加工を組み合わせることで、端面にRやC面が出てほしくない直角な形状の加工についても対応が可能となっています。具体的な事例としては、精密機械用製品駒が挙げられます。先端部の形状が旋盤加工だけでは難しいために、ワイヤーカット加工にて2φの高精度の加工を実現しております。

>>加工実績の詳細はこちら

ワイヤーカット加工とマシニング加工を組み合わせた複合加工

旋盤加工の加工形状・加工内容では補いきれない側面への穴加工や細穴加工、スパナ掛け等マシニング加工を必要となる形状がございます。さらに当社の加工実績としては、製品部にワイヤーカットで抜き穴を加工してそこに入れ子を挿入する加工や製品部全体はマシニングで加工をして、部分的にワイヤーでの入れ子加工を行う場合が多いです。具体的な事例としては、スライド駒がございます。マシニング加工での加工のみだと歪みが発生する可能もございますので、必要箇所のみワイヤーカット加工を行います。さらにマシニング加工では複数回の切削が必要な抜き穴においても、ワイヤーカット加工では一度の加工でくり抜くことを可能にします。

>>加工実績の詳細はこちら

>>加工実績の詳細はこちら

③ワイヤーカット加工と研削加工を組み合わせた複合加工

研削加工は旋盤加工とマシニング加工と同様に、角物や丸物の形状の加工を削り取る上で、穴加工を要する加工品の製作の場合においてはワイヤーカット加工との複合加工を行っております。具体的な事例としては、製品駒です。平面研削加工及び円筒研削加工において穴加工を要する際にワイヤーカット加工で複合加工をしております。

>>加工実績の詳細はこちら

>>加工実績の詳細はこちら

>>加工実績の詳細はこちら

複合加工の加工事例のご紹介

加工事例:精密機械用製品部キャビ駒
製品部キャビ駒

こちらは、STAVAX製の金型製品部品のキャビ駒です。サイズは80×120×40で、ワイヤーカット・マシニングセンタ・放電加工の複合加工を行って製作いたしました。
こちらのキャビ駒は、精密機器の外観カバー部品用の精密金型駒です。
今回のお客様は、切削加工のみでは製作が難しく、多種の加工が出来る企業をお探しのところ、精密部品加工センター.comにお問い合わせをいただきました。
このようなキャビ駒を加工する際は・・・

>>加工実績の詳細はこちら

加工事例:光学業界用製品駒
製品駒

こちらは、SKD11製の製品駒です。サイズは60×80×45で、ワイヤーカット・放電加工・マシニングセンタといった複合加工を行って製作いたしました。
こちらの製品駒は、光学業界等金型の製品アンダー形状部分に使用されている製品駒です。
今回のお客様は、材質として硬度が高いSKD11を使用かつ複雑形状の製作にも対応が可能な企業を探していたところ、精密部品加工センター.comにお問い合わせをいただきました。
このような製品駒を加工する際は・・・

>>加工実績の詳細はこちら

加工事例:精密機械用製品駒
精密機械用製品駒

こちらは、ステンレス製の製品駒です。サイズは先端部が2φ、高さが90で、旋盤加工並びにマシニング加工によって製作致しました。こちらの製品駒の用途は、精密機械部品として使用されています。
今回のお客様のご依頼は、先端部の形状が旋盤加工だけでは難しいため、特注用の製品駒を製作する企業を探していたところ、精密部品加工センター.comにお問い合わせをいただきました。
このような製品駒を製作する際には・・・

>>加工実績の詳細はこちら

複合加工のことなら、精密部品加工センターにお任せ!

精密部品加工センター.comを運営する株式会社長津製作所では、精密部品を中心とした様々な部品加工を多くの業界に向けて行っております。ワイヤー放電加工機から型彫放電加工機、研削加工機、マシニングセンタなど、多岐にわたる工作機械を保有しているため、あらゆる精密部品加工に対応しております。 また、ホログラム光学素子用金型などの超精密金型の設計・製作実績も多数ございます。 さらに当社では、当社工場にとどまらず、大田区や燕三条など、国内でも有数の加工集積地に幅広い加工ネットワークを築いております。これらの加工ネットワークを駆使することで、どこの会社ならできるかわからないような部品加工にも対応いたします。 「この部品はどこの会社ならできるのかな...?」「加工するのが難しい材料なんだけど、どこにもお願いできなくて困っている...。」「とにかく高精度に加工してほしい!」こうしたお悩みに、精密部品加工センター.comはお応えいたします。精密部品の設計・加工にお困りの方は、まずはお気軽に当社までご連絡ください。

>>加工実績一覧はこちら

>>当社自慢の設備情報はこちら

お問い合わせはこちら

Copyright© 精密部品加工センター.com|精密加⼯から特注治⼯具製作までフルサポート , 2021 All Rights Reserved.