シリンダーの複合加工におけるポイントとしては、①真円度を出す②円筒度をだす③寸法精度の3点でございます。精度要求が厳しくない加工品ではマシニングセンタでボーリング加工しており、削り代の管理、ボーリングチップの管理を加工ポイントとしております。一方で数ミクロン単位の高い加工精度を求められる加工品ではNC治具研削加工をしており、砥石の管理・温度管理を加工ポイントとしております。特に複合加工品としてシリンダー形状の加工では当社は多くの加工実績がございます。

>>加工事例はこちら

Copyright© 精密部品加工センター.com|精密加⼯から特注治⼯具製作までフルサポート , 2021 All Rights Reserved.