ノズルの複合加工におけるポイントとして、①ピンゲートの形状精度に注意する②放電のジャンプ量を調整する③ノズルの穴径の3点が重要となります。加工方法として放電加工と旋盤加工の複合加工であり、旋盤加工にて真円度の高い形状に加工後、内径の仕上げ加工として放電加工を実施しております。①ピンゲートの形状精度に対しては、最適な放電条件にて加工をしております。また②放電のジャンプ量を調整に対しては深穴となるとチップがアークする場合がございますので、ジャンプ量を調整します。さらに、③ノズルの穴径に対しては、穴径が0.5㎛に対しては電極線を0.4㎛に調整して電極を曲がらずに加工をしております。

Copyright© 精密部品加工センター.com|精密加⼯から特注治⼯具製作までフルサポート , 2021 All Rights Reserved.