ピンゲージの複合加工のポイントとしては、リングゲージと同様に真円度・面精度・円筒度の3点が重要となります。当社では過去数ミクロン単位の精度で加工したリングゲージの加工実績がございます。数ミクロン単位の精度を実現するために、研磨の取り代を可能な限り少なくすることで、研磨時に熱が発生しないように工夫をしております。さらにワークに対しての温度管理並びに加工環境に対しての温度管理も重要となります。加工の流れとしては、旋盤加工を行いそこから円筒研削を行います。旋盤加工にて外内径を任意の形状に成形後に研削加工にて表面仕上げを行います。外周面の厚みを整えるだけでなく、精密な両面の平行度を得るために行い、円筒研削では外周面を凹凸のない面粗さの高い加工を実現します。

Copyright© 精密部品加工センター.com|精密加⼯から特注治⼯具製作までフルサポート , 2021 All Rights Reserved.