精密部品加工センター.comを運営する株式会社長津製作所では、マシニングセンタによるタップ加工にも対応可能です。近年では、大抵のマシニングセンタでタップ加工ができるようになってきておりますので、当社保有のマシニングセンタでも問題なく対応可能です。

タップ加工ができるマシニングセンタとタップ加工ができないマシニングセンタの違いとしては、逆回転ができるかどうかがポイントとしてあげられます。というのも、タップ加工を行った際には、タップを抜く際に逆回転がどうしても必要となります。また、主軸の正回転と逆回転が切り替わる際に、回転の同期にロスが発生してしまうと、タップ加工箇所が加工されてしまい、タップも破損してしまいます。そのため、マシニングセンタでタップ加工をする際は、回転を逆回転時にも同期させて、抜く際にはタップ加工した際と同じ経路通る必要があります。

Copyright© 精密部品加工センター.com|精密加⼯から特注治⼯具製作までフルサポート , 2021 All Rights Reserved.