【必読】A5052とA7075の違いとは?特徴について

センサーピン1

A5052とは

アルミニウムは、業界を問わず幅広く使用されておりますが、「番手」によって大きな違いがあります。
アルミ合金にも様々な種類がありますが、A5052はアルミニウムとマグネシウムを含有した合金です。
特性としては、非常に加工がしやすく、汎用性が高いため、アルミ合金の中で最も一般的な一種です。
また、耐食性、溶接性、成形性、耐海水性に優れているため、切削加工に向いている材料です。
主な使用用途として、耐海水性が優れているため、船舶の内外装や車両のボディーなどで使用されております。
部品関係の製作ではA7075はコストパフォーマンス上合わないため、A5052を使うことが多い傾向です。

A5052の特徴

切削性が高い

マグネシウムとの合金のため、アルミ合金の中で切削性が高く、加工性に優れております。
歪みが生じにくいため、精度が出しやすく、曲げ加工や切削加工に向いております。

耐食性が良い

イオン化傾向が高いマグネシウムを含有しているため、表層に酸化皮膜が形成されやすく、耐食性が良いです。
また、アルマイト処理によってさらに耐食性性を向上させることも可能です。

溶接性が高い

アルミニウムは熱が逃げる特徴がありますが、マグネシウムを含有しているため、溶接性も良いです。
A7075などの溶接性に劣る材料と比較すると優位性があります。

 

A7075とは

A7075は一般的に「超々ジュラルミン」といわれており、亜鉛とマグネシウムのアルミ合金です。
アルミ合金の中でも最も強度が高いです。
特性としてはアルミニウムの中で軽量かつ強度が求められる用途によく使われており、切削性は良好な材料です。
ただ、通常のアルミニウムよりも高価なため、部品の中でも強度が必要な箇所のみ使用されることも多い傾向です。
主な用途としては、航空機業界や宇宙業界などで使用されております。

A7075の特徴

強度が高い

アルミ合金中の中でも最高強度を誇ります。
軽量かつ強度が高いため、航空機業界や宇宙業界などで部品としてよく使われます。
また、金型の使用にも適しています。

切削性が高い

切削性が優れているため、切削加工がしやすい材料です。
旋盤加工やマシニング加工が難しいことはないです。

耐食性・溶接性は劣る

銅を含んでいないため、A5052と比較すると劣る傾向です。
また、溶接性も悪いため、溶接部品としての使用は向いておりません。
そのため、水溶性クーラントではなく油性クーラントを使用します。

 

A5052とA7075の違いとは?

切削加工をする方は、A5052とA7075どちらを使えば良いか悩んだことがあると思います。
A5052の特徴としては、耐食性、溶接性が良いことです。
一方で、A7075の特徴は強度・硬度が非常に高いですが、耐食性が低いという特徴を持っています。
そのため、耐食性や溶接性が要求される製品はA5052
強度・硬度が要求される製品はA7075が適合しております。
また、当社ではA5052・A7075を使用した多数の加工実績があり、様々業界で使用される製品を製作してまいりましたので、お気軽にお問い合わせください。

       アルミ合金         A5052         A7075
           強度・硬度          △          ◎
        耐食性          〇           ×
        溶接性          〇           ×
         耐海水性          〇           ×

 

当社のアルミ加工事例:ヒートシンク

ヒートシンク

こちらは、アルミニウム製のヒートシンクです。旋盤加工とミーリング加工によって加工をいたしました。

>>加工実績の詳細はこちら

当社のアルミ加工事例:リークテスト用治具

リークテスト用治具②

こちらは、非鉄金属であるA5052製のリークテスト用治具です。サイズは60×60×30で、 情報通信業界で使用される試験用治具でございます。

>>加工実績の詳細はこちら

当社のアルミ加工事例:リフレクター形状 部品

光学業界向け リフレクター形状 部品

こちらは、超精密加機によって加工されたA7075製のリフレクター形状の金型駒です。サイズは25×25×25で、精度がRa0.05μmの光学部品用の精密金型駒です。

>>加工実績の詳細はこちら

アルミニウムの加工なら、精密部品加工センターにお任せ下さい!

精密部品加工センター.comを運営する株式会社長津製作所では、精密部品を中心とした様々な部品加工を多くの業界に向けて行っております。
ワイヤー放電加工機から型彫放電加工機、研削加工機、マシニングセンタなど、多岐にわたる工作機械を保有しているため、あらゆる精密部品加工に対応しております。今回紹介させていただいた、「アルミニウム加工」についても製作実績がございます。当社では、当社工場にとどまらず、大田区や燕三条など、国内でも有数の加工集積地に幅広い加工ネットワークを築いております。これらの加工ネットワークを駆使することで、どこの会社ならできるかわからないような部品加工にも対応いたします。「この部品はどこの会社ならできるのかな...?」「加工するのが難しい材料なんだけど、どこにもお願いできなくて困っている...。」「とにかく高精度に加工してほしい!」こうしたお悩みに、精密部品加工センター.comはお応えいたします。精密部品の設計・加工にお困りの方は、まずはお気軽に当社までご連絡ください。

>>加工実績一覧はこちら

>>当社自慢の設備情報はこちら

お問い合わせはこちら

Copyright© 精密部品加工センター.com|精密加⼯から特注治⼯具製作までフルサポート , 2022 All Rights Reserved.