治具とは?使用する目的と必要性について解説

アダプタ治具

治具の目的について

治具は部品の加工・組立・検査をする際に、部品を固定し工具や作業位置を指示・案内し、加工・組立・検査にずれが生じないように使用する器具です。治具を使用するメリットとしては、下記の4つが挙げられます。

①作業時間の短縮

②作業精度の向上

③作業品質の均一化

④作業難易度の低減

いわば、治具は加工を安定させるためのものであり、不安定なものを安定して加工するために用いられます。安定して加工を行うためにも、治具を設計する際には、誰にでも使いやすく設計する必要があります。

>>治具設計における3つのポイントを解説

また、治具は目的別に大きく3種類に分けられます。

 

①部品製作用治具

1つ目は部品製作用治具です。切断治具、曲げ治具、溶接治具など加工工程に用いられるものもありますが、熱処理治具やメッキ治具など、加工の前工程や後工程に用いられるものも存在します。

 

②部品組立用治具

2つ目は部品組立用治具です。部品組立用治具は、組立治具とも呼ばれ、製品を組み立てる際に、スムーズに各部品を所定の位置に設置し、効率良く組立作業を行うために用いられます。

 

③検査・測定用治具

3つ目は検査・測定用治具です。主に測定機に設置しづらい製品を、簡単に検証可能とするために用いられます。検査・測定用治具は、寸法、角度、形状、嵌合など、様々な数値を検証するために用いられます。

 

治具が必要な場合と不要な場合

前述の通り、加工を安定させるために用いられる治具ですが、どのような場合に治具が必要とされるのでしょうか?
また、治具が不要な場合はあるのでしょうか?

結論から言うと、基本的に機械加工において治具は必要です。加工を行う際にワークを固定するために用いられるバイスも治具の1つであるため、治具自体の精度や形状はどうであれ、殆どの加工において、治具は用いられます。

ただ、治具が不要な場合もあります。例えば、ワイヤー加工や型彫り放電加工を用いて、重量の大きいものを加工する際は、治具が無くともワークを固定することが可能なため、治具は不要です。また、ワークの形状が真四角な場合も、バイスで掴むことが可能なため、治具は不要です。

しかし、上記の通り、治具が不要となるのは、限定的な場合なので、安定して加工を行うためにも、治具は必須であると捉えた方が良いでしょう。

 

当社の治具製作実績

当社が実際に製作した治具をご紹介いたします。

加工事例:情報通信業界用 検査治具部品(メインプレート)【寸法精度0.01mm】
メインプレート(検査治具部品)

こちらは情報通信業界向けの検査治具部品(メインプレート)の加工実績でございます。材質としてはSUS304を使用しており、150×150×6のサイズにて製作しております。また、ミーリング加工、ワイヤーカット加工、研削加工の複合加工によって製作しております。加工精度は・・・

>>事例の詳細はこちらから

加工事例:情報通信業界用 検査治具部品(カバー)【寸法精度±0.01mm】
カバー(検査治具部品)②

こちらは情報通信業界用の検査治具部品(カバー)の加工実績でございます。材質はSUS304を使用しており、20×8×7のサイズに製作しております。加工方法としては・・・

>>事例の詳細はこちらから

加工事例:無酸素銅プレート治具
無酸素銅プレート②

こちらは無酸素銅プレートで製作した治具の加工実績です。無電解ニッケルと金メッキによる表面処理を行っており、研削加工とマシニング加工を用いて製作しております。サイズは40×40×7で、精度は・・・

>>事例の詳細はこちらから

加工事例:アダプタ治具
アダプタ治具

こちらはアダプタ治具の加工実績です。材料はPOMを使用しております。サイズは70×90×10であり、ミーリング加工を用いて製作しております。精度は・・・

>>事例の詳細はこちらから

 

治具製作のことなら、精密部品加工センターにお任せ!

精密部品加工センター.comを運営する株式会社長津製作所では、精密部品を中心とした様々な部品加工を多くの業界に向けて行っております。ワイヤー放電加工機から型彫放電加工機、研削加工機、マシニングセンタなど、多岐にわたる工作機械を保有しているため、あらゆる精密部品加工に対応しております。

また、ホログラム光学素子用金型などの超精密金型の設計・製作実績も多数ございます。 さらに当社では、当社工場にとどまらず、大田区や燕三条など、国内でも有数の加工集積地に幅広い加工ネットワークを築いております。これらの加工ネットワークを駆使することで、どこの会社ならできるかわからないような部品加工にも対応いたします。

「この部品はどこの会社ならできるのかな...?」「加工するのが難しい材料なんだけど、どこにもお願いできなくて困っている...。」「とにかく高精度に加工してほしい!」こうしたお悩みに、精密部品加工センター.comはお応えいたします。精密部品の設計・加工にお困りの方は、まずはお気軽に当社までご連絡ください。

 

>>加工実績一覧はこちら

>>当社自慢の設備情報はこちら

Copyright© 精密部品加工センター.com|精密加⼯から特注治⼯具製作までフルサポート , 2022 All Rights Reserved.