ピンゲージの用途とは?種類や特徴もご紹介

ピンゲージの概要

ピンゲージとは「栓ゲージ」とも呼ばれ、対象物に空いた穴の内側の直径(穴径:あなけい)を測るための器具の総称です。

棒状の形をしており、㎛単位のものから数十㎜まで特定の穴径に合わせた太さがあります。

ピンゲージの種類と特徴

ピンゲージの種類は素材と形状で分類することができ、それぞれ特徴がございます。

ピンゲージの素材としては超硬合金・セラミック・鋼(ステンレス等)の3つが主流です。
それぞれ摩耗性に強いという特徴から素材に採用されており、とりわけセラミック製は腐食・錆・経年変化にも耐性があると言われています。

さらに、形状には「シャンク型」と「ストレート型」があります。

「ストレート型」は文字通りストレートな棒状をしており、コストが安価な特徴があります。
その一方、「シャンク型」はピンゲージの根本に柱状の部品であるシャンクが付いているものです。シャンク部を持つことで素手で測定ができるため、ゲージに汚れが付かないことが特徴です。製品によってはシャンクにゲージのサイズが書かれており、管理が容易な製品もあります。

使用用途

今回は、製品の穴径が「5.00±0.005(㎜)」を求められる場合を想定して解説いたします。

測定方法

このケースでは、穴径の許容範囲は「4.95㎜」から「5.05㎜」となり、ピンゲージを通していきます。
ゲージを通していく中で、5.01㎜が通り、5.02㎜が通らない場合には、5.01㎜が穴径の値となり「5.00±0.005(㎜)」の条件を満たしているため合格となります。

合否の判定方法

ピンゲージには「通り用ゲージ」と「止まり用ゲージ」があり、この2つを使い合否を判定します。

穴に「通り用ゲージ」が入り、「止まり用ゲージ」で止まればゲージの寸法を満たしており合格となります。
逆に、「通り用ゲージ」が穴に入らなければ決められた寸法より小さい穴径であるため、ゲージの寸法を満たしておらず不合格となります。

ピンゲージの製品加工事例

我が社では、穴の内径を測るピンゲージの加工実績がございます。
今回は、その中の製品事例を2点ご紹介いたします。

内径測定用ピンゲージ①

内径測定用ピンゲージ①

こちらはステンレス製のピンゲージで、アルミや銅などの非鉄金属部品や樹脂部品の内径を測定するための高精度ゲージです。

温度変化による寸法誤差を考慮し、研磨・熱処理により仕上げを行い特注で製作いたしました。

<<詳細はこちら>>

 

内径測定用ピンゲージ②

こちらはSTAVAXというステンレス鋼を使い作成したピンゲージです。

この事例では、お客様から「(計測対象となる)個々の製品でサイズが異なるため調達が難しい」というお問い合わせいただいておりました。

<<詳細はこちら>>

 

その他の製品加工事例

その他にも我が社でピンゲージを加工した実績がございます。以下のページからご確認ください。

内径測定用ピンゲージ③

ピンゲージ①

ピンゲージを加工する際のポイント

ピンゲージを加工する際には「真円度」「面精度」「円筒度」が重要となります。

また、数ミクロン単位の精度を実現するためには研磨の取りしろ(加工する際に目的のサイズへ加工するために削る部分の長さを指す)を可能な限り少なくし、研磨時に熱が発生しない温度管理も大切となります。

仕上げの際には、外周面に凹凸がない厚みに整える高い面粗さもポイントです。

組立治具の製作のことなら、精密部品加工センターにお任せ!

当社では、今回ご紹介した高精度の組立治具のようなケースでも様々な加工手段を用いて製品を製作いたしますので、是非お問い合わせください。

当サイト、精密部品加工センター.comを運営している株式会社長津製作所では、精密治具部品を中心とした様々な部品加工を多くの業界に向けて行っております。
ワイヤー放電加工機をはじめ、型彫放電加工機、研削加工機、マシニングセンタなど、多岐にわたる工作機械を保有しているため、あらゆる精密治具部品の製作に対応しております。

また、本記事にて取り上げたような精密な組立治具だけでなく、ホログラム光学素子用金型など、超精密金型の設計・製作を行ってきた実績も多数ございます。
さらに当社では、当社工場にとどまらず、東京都・大田区や新潟県・燕三条など、国内でも有数の加工集積地に幅広い加工ネットワークを築いております。
これらの加工ネットワークを駆使することで、どこの会社なら対応できるか検討し悩んでしまうような部品加工にも対応いたします。

「この部品はどこの会社なら製作できるのかな...?」
「加工するのが難しい材料なんだけど、どこにもお願いできなくて困っている...。」
「とにかく高精度に加工・設計・製作をお願いしたい!」

こうしたお悩みのご相談は、精密部品加工センター.comにお任せください。

精密部品の加工・設計・製造にお困りの方は、まずはお気軽に当社までご連絡ください。

Copyright© 精密部品加工センター.com|精密加⼯から特注治⼯具製作までフルサポート , 2022 All Rights Reserved.