硬度が非常に高い材料の加工のポイントを教えてください。

高硬度材料の加工は刃こぼれしやすいので、回転数などのあらゆる加工条件を適切に調整する必要があります。

まず工具としては、高硬度材料かつ摩耗が少ない工具を選定する必要があります。例えば、粒子が細かい超硬工具は当社でも多く活用しております。また、工具に多層コーティングを行うことで、より摩耗を低減させることができます。

また加工条件としては、回転数や送り量、切込み量等を最適にし、切削抵抗を制御することで安定かつ高効率な加工が可能になります。

よくある質問一覧
硬度が非常に高い材料の加工のポイントを教えてください。
高硬度な難削材の試作加工もお願いできますか?
先端部だけ超高精度な加工をお願いしたいのですが、対応できますか?
製作可能なサイズを教えてください。
どのような形状の製品の製作が得意ですか?
どのような実績がありますか?
見積り依頼してからどれくらいかかりますか?
営業はどの地域まで対応していますか?
どれくらいのロットの製作が可能ですか?

コストダウン提案は可能ですか?
量産品の対応は可能ですか?
どれくらいの精度までお願いできますか?
どのような材質を取り扱っていますか?
サイトには掲載がない製品にも対応可能ですか?
設計段階からの対応は可能ですか?
機密保持契約はどのように締結していますか?
工場見学はできますか?
どのような検査方法がありますか?
加工納期は?
現物(図面がない)部品の加工は可能ですか?

Copyright© 精密部品加工センター.com , 2020 All Rights Reserved.