マシニングセンタのホルダには、どのような種類がありますか?

マシニングセンタのホルダとは、主軸に取り付けることでドリル保持する役割を担うものです。ホルダを使用することでマシニングセンタの機械本体や加工方法、工具を変更することなく寿命を延ばすことができます。

マシニングセンタのホルダの種類には、コレットタイプ焼き嵌めタイプの主に2種類あります。

コレットタイプは、コレットをレンチで緩めたり締めたりすることができます。また、コレットを交換することで工具のサイズを調整できる仕様になっています、

焼き嵌めタイプは、高周波の熱を加えて、ツールの膨張冷却によって工具のセッティングをする仕様になっています。コレットタイプと比較をすると作業性は楽で、再現性が高く、高精度を実現することができます。

Copyright© 精密部品加工センター.com , 2021 All Rights Reserved.