マシニング加工でのビビリを抑えるためのポイントを教えてください。

マシニング加工においては、剛性が高いとビビりにくい傾向があります。そのため、ビビリを抑えたい場合には、剛性が高い工作機械やツールの選定を行うことが大きなポイントになります。

他にもビビリが起きにくい工具を使用すること、CAMを工夫することでビビリの発生を抑えることができます。またビビリが発生しないためのコツとして、粗加工をどこまで丁寧にやるかが挙げられます。

当社では、多種多様なマシニングセンタを保有しており、長年積み重ねてきたCAMのプログラムのノウハウを合わせて、ビビリを抑えた高精度なマシニング加工を行っております。

Copyright© 精密部品加工センター.com , 2021 All Rights Reserved.